印鑑に横書きは最適

銀行印イメージ

「銀行印」とは、銀行の口座を開設する時に登録するハンコで、その後も金融機関の窓口で金銭を出納する際に使用する重要な印鑑だというのは皆さんもよくご存知かと思います。

銀行印としてどのような印鑑を使うか特に決まりは無いのですが、シヤチハタだけは認められません。
なぜなら、長期間の使用で印面のゴムが磨耗して印影が変わってしまう可能性があったり、万が一インクがにじんでしまうと、容易に印影が変わってしまって照合が難しくなるから。

【実印をお探しの方へ、ネットショップがお得ですよ】

実印の使い道は多岐にわたります。印鑑証明、婚姻届、車の登録、土地建物の登記などに実印は必要です。

これは、どの金融機関でも共通して決められている事です。
極端な事を言えば、シャチハタ以外であれば安価な三文判を銀行印として使用する事も可能なのです。

ただ、認められているからといって安易に三文判を使うのは要注意。
既製品で売っている印鑑は機械で彫っている事が多く同じ印影の印鑑が数多く出回っているので、第三者がそれを手に入れる事が容易なのです。

そうすれば、本人に成りすましてお金を引き出す事が可能になるというのは想像できますよね?

今は、セキュリティ強化の為に通帳に印影を載せない金融機関が殆どで、不正な引き出しは少なくなったと思いますが、できれば唯一無二の物を使った方が安心ではないでしょうか。

印鑑にも色々なサイズがあって、銀行印として選ばれるのは、女性は10.5mm~15mm、男性は12mm~18mmが一般的のようです。

私が実際に銀行印を作ったときに店員さんにアドバイスされたのが、
①一見しただけで何と書いてあるかわからない書体にする。
(泥棒に持ち出された際、上下の判断をつかせなくするため)

②アタリ(上側の目印)をつけない方が良い
(①と同様の理由)

③横書きにするとお金が溜まる(!?)
というポイントです。

③については完全にゲン担ぎなんですが、縦書きだと上から
下におろす、横書きは止まる=貯まると言われているそうです。

更に、漢字は縦長の方が美しく見えるようなので、そういう点でも印鑑に横書きは最適なのです。
銀行印は一生モノ。ですから、多少予算オーバーになっても手彫りの上質な印鑑を使うべきではないか…と、私はそう思います。

〔厳選お役立ちサイトのご紹介〕

これからハンコを買おうと思っている方、もっと良い印鑑をお探しの方に、
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》がおすすめ!
レビューや売れ筋ランキングから、初めての方でも失敗しない印鑑選びができます!

ページの先頭へ